車で何時ものドライブコース

用事が有るわけでも無い、そこで誰かが待っている訳でも無い。
ただ車のハンドルを握り窓を開け風を感じながら何時ものドライブコースへ行く、その時が一番生きていると実感する。

最近になって、自動ブレーキや自動運転等の技術が話題になっているが、運転する事に生き甲斐を感じている自分には、そんな技術なんて必要ないと考えていた。
2年前に今の病を発症するまでは。
結論から言うと、私は恐らくあと数年で車の運転が出来なくなる。何よりも車でドライブに行くのが好きな私にとって信じがたい事実だ。

だから今、毎日の様にドライブに出掛けては生きている事を実感する。今までは自動運転に対し興味を抱く事は無いが、いつかそんな事も言ってられないかも知れない。
ただ良く考えてみようと思う。自分自身が好きなのは運転するというその行動なのか、流れる景色を見たいのか。
その答えによっては自動運転技術も歓迎出来るかも知れない。
しかし、ただ今は走り続けたい、何時ものドライブコースを。

コメントを残す